スポンサードリンク
事故・事件最新ニュース > 日記 > <漂白剤?かけ>女性の被害続発、3月は15件 札幌中心部

<漂白剤?かけ>女性の被害続発、3月は15件 札幌中心部

<漂白剤?かけ>女性の被害続発、3月は15件 札幌中心部
毎日新聞
札幌市中心部の地下鉄駅構内や地下街などで3月に入ってから、歩行中や買い物中の若い女性が後ろからスカートやズボンに漂白剤のような液体をかけられ、衣服を変色させられる事件が15件連続発生していることが分かった。同様の事件は昨年5〜7月にも44件連続発生したが、犯人は捕まっていない。札幌中央署は同一犯による器物損壊事件として捜査している。

 調べでは、小樽市の女性会社員(39)が25日午後5時10分ごろ、地下鉄・南北線札幌駅の出入り口の階段で、スプレー缶をポケットにしまいながら立ち去る不審な男を目撃。女性がズボンの後ろを確認したところ、漂白剤のような液体がかけられ、直径5センチほどの円状に白く変色していた。男は20〜40歳くらい。やせ形で、白っぽい上着に黒いズボン姿、黒いバッグを抱えていた。短いくせ毛で鼻が高く見えたという。

 東区の30代女性は21日午後5時25分ごろ、中央区の百貨店で買い物中、店員から「お尻の色が変わっていますよ」と声をかけられてズボンが変色していることに気付いた。このときは、近くにいた別の30代女性も漂白剤のような臭いがしたためズボンを確認したところ、変色していたという。

 被害は4日、市交通局に届けられたのを皮切りに15件連続発生。時刻は午前8時台と午後2時〜午後8時に集中している。いずれも背後からスプレーで液体を吹きかける手口とみられ、20〜30代の女性ばかりが狙われている。すぐに被害に気付かないことが多く、犯人の具体的な目撃情報は小樽市の女性の1件しかない。

 このため、札幌中央署は現場付近のパトロールを強化するとともに、情報提供を呼びかけている。同署幹部は「昨年の犯行は報道されたことで収まったが、時間がたち再び同じ人物がやり始めたのではないか」と話している
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000018-mai-soci
| 日記