スポンサードリンク
事故・事件最新ニュース > 日記 > 小6男児、土に埋まり死亡…大阪・河川敷の穴で発見

小6男児、土に埋まり死亡…大阪・河川敷の穴で発見

小6男児、土に埋まり死亡…大阪・河川敷の穴で発見
読売新聞


 27日午後11時10分ごろ、大阪市東住吉区矢田7の大和川河川敷で、近くの大阪市職員、小川浩一さん(41)の長男で、同市立矢田小学校6年、小川成樹君(12)が土をかぶった状態でうつぶせで埋まっているのを、警察犬を伴って捜索中だった大阪府警の捜査員が発見した。

 意識はなく、同市住吉区内の病院に搬送したが、間もなく死亡が確認された。

 小川君はこの日午前から、弟(10)と一緒に河川敷付近に遊びに出かけたまま帰宅しなかったという。府警は、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、死因などを調べている。

 府警によると、小川君はこの日午後7時から、サッカーの練習に行く予定だったが、来なかったため、コーチが自宅に連絡。不審に思った祖母が、同8時半ごろ、「兄弟で一緒に遊んでいたが、兄だけ帰ってこない」と110番通報した。

 小川君が埋まっていた穴は深さ約1・8メートル。河川敷から川面までの高さ約10メートルの斜面にもともと掘られていたとみられ、この日、午前9時ごろから、弟と、スコップでさらに掘って遊んでいたという。埋まっていた穴は同じ場所とみられる。

 弟は午前10時ごろ帰宅。同10時20分ごろ、河川敷に戻った際、小川君は見当たらなかったという。弟は友人と一緒に午後6時ごろ、再び河川敷に捜しに行ったが、見つからなかった。

 大阪市消防局の救急隊が現場に到着した時は、心肺停止状態で硬直が始まっていたという。現場は近鉄南大阪線矢田駅の南約1キロ。大和川にかかる行基大橋南詰めの、橋直下の河川敷。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000001-yom-soci
| 日記