スポンサードリンク

<松下>リビングでも鮮やか映像 液晶プロジェクター発売

<松下>リビングでも鮮やか映像 液晶プロジェクター発売
毎日新聞


 松下電器産業は、リビングなど明るい環境でも鮮やかで迫力ある大画面映像が楽しめるホームシアター用液晶プロジェクター「TH−AX200」(愛称・カジュアルシアター)を10月29日に発売する。

 映像の明るさを示す高輝度は業界最高の2000lm(ルーメン)など従来品の性能を基本ベースに、周囲の明るさに応じて映像信号データを制御するシステム「ライトハーモナイザ」を従来品から進化させた。

 明るい部屋で映画を鮮やかに映し出す「ビビッドシネマ」▽テレビゲームをきれいな映像で楽しめる「ゲーム」▽暗い部屋で映画をしっとりとした画質で観賞できる「シネマ1」−−など映像に合わせた7種のモードを搭載した。

 スクリーンサイズは40〜200型に対応。想定市場価格は22万円前後。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000029-mai-bus_all
| 日記

アリコジャパンに排除命令=医療保険で誇大広告−公取委

アリコジャパンに排除命令=医療保険で誇大広告−公取委
時事通信


 生命保険のアリコジャパン(東京)が医療保険の広告で、がんの一種「上皮内新生物」と診断されれば一時金を支払うかのように表示しながら、入院した場合にしか払わない規定だったのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、公正取引委員会は19日、同社に排除命令を出した。
 公取委によると、同社は昨年12月から今年1月にかけ、「元気によくばり保険」の新聞広告とパンフレットで、がんと診断されれば高額の一時金を支払うとした上で、「悪性新生物 一括300万円」「ガン診断一時金250万円+生活習慣病一時金50万円(上皮内新生物の場合は一括60万円)」などと記載。上皮内新生物と診断されれば、60万円が支払われるような表示をした。
 しかし実際には、悪性新生物の場合は診断のみで300万円が支払われるものの、上皮内新生物では入院して手術した場合に限られていた。パンフレットには小さな字でただし書きがあったが、公取委は不十分と判断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000130-jij-soci
| 日記

元チャンプたちが亀田親子を斬る「反省ならサルでもできる」

元チャンプたちが亀田親子を斬る「反省ならサルでもできる」
産経新聞


 ボクシングの元世界チャンピオン、輪島功一とガッツ石松、薬師寺保栄の3氏が21日、日本テレビ系「ザ・サンデー」に出演し、“亀田問題を斬る”と題した緊急座談会を開いた。3氏は17日夕方に開かれた亀田史郎、大毅親子らの謝罪会見を振り返り、“笑い”を織り交ぜながら「反省ならサルでもできる」(ガッツ石松)などと改めて亀田親子に苦言を呈した。

 番組では先ず、謝罪会見をノーカットで放映。ガッツ氏は「誰に何を謝罪しているのか。(これでは)報告をしているに過ぎない。(謝罪というのは)全国のボクシングファンのみなさん…という風に入っていかないといけない」と批判。輪島氏が「みんなに言われて仕方なくやったという感じ。(亀田親子は)反省しているのかな」と述べると、ガッツ氏はすかさず「反省ならサルでもできる」と切り返した。

 座談会は、言葉を選ばず好き放題に発言するガッツ氏に、薬師寺氏がその都度フォローを入れる展開。薬師寺氏が「(亀田親子は)もう1度謝罪会見を開くのではないか」と話すと、ガッツ氏は「やっても同じだよ。やるならもっと正直にしなさい」と発言。以前、亀田親子が対戦相手の内藤大助選手をゴキブリ呼ばわりしたことに触れ、「(大毅選手にとって内藤選手は)社会の先輩だよ。ゴキブリだなんて。じゃあ、お前は亀田スッポンか」と批判した。

 一方、大毅選手がJBCからライセンス1年間停止の処分を受けたことについて薬師寺氏は、自身がかつて道交法違反で逮捕され、半年間の国内試合出場停止処分を受けたことを振り返り、「(大毅の)1年間は大きい。重いとか軽いではなく、大きい。彼の選手生命に影響する」とコメント。輪島氏も「1年間は長い。選手には罪のないこと。上から言われたことをやるだけですから。選手にはボクシングをやってほしい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000905-san-spo
| 日記

<強盗>鉄パイプで殴り、現金奪い逃走 福岡・那珂川

<強盗>鉄パイプで殴り、現金奪い逃走 福岡・那珂川
毎日新聞


 21日午前4時20分ごろ、福岡県那珂川町埋金(うめがね)の無職、木下昭七さん(75)方に、男が1階玄関横のガラス窓を割って侵入し、木下さんの左側頭部を鉄パイプのような棒で殴り、現金三十数万円入りの封筒を奪って逃げた。木下さんは頭に2週間のけが。県警筑紫野署は強盗傷害事件として男の行方を追っている。

 調べでは、男は55〜60歳で身長155〜160センチ。紺色の作業服に白い布で顔を覆っていたという。木下さんは一人暮らしで当時就寝中だった。現場は山間部で、付近に人が住んでいる民家は木下さん方1軒しかない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000021-mai-soci
| 日記

耐震偽装 改ざん5件未満、金のためじゃない…遠藤建築士

耐震偽装 改ざん5件未満、金のためじゃない…遠藤建築士
毎日新聞


 横浜市の分譲マンション「グランドメゾン横浜紅葉坂」の耐震偽装問題で、構造計算を偽装した遠藤孝・1級建築士(60)が20日、毎日新聞の取材に「神奈川県内のマンションなどで数件、データを改ざんした。5件未満だ」と明らかにした。物件名や時期については「答えられない」と説明を拒んだ。現在の心境については「私のやったことは犯罪。どうしたらいいか分からない。関係者におわびしたい。1級建築士の免許もはく奪されるだろうが、覚悟はしている」と話した。
 遠藤建築士は、埼玉県八潮市の事務所兼自宅で、問題発覚後初めて取材に応じた。
 問題のマンションの構造計算を偽装した動機については「6月20日の建築基準法の改正までに建築確認を取らないと、設計方法を変えなければいけなくなる。期限があり、それを乗り越えないと工事が中断し、施工会社が損をする。迷惑をかけるというプレッシャーがあった」と説明した。
 また、仕事を再委託された際、複雑な建物で計算が難しいと感じたことから「自信がないので担当者を1人付けてほしい」と頼んだが「忙しいので」と断られたと釈明。「(その時仕事を)断ればよかった」と打ち明けた。偽装については「建物の重要な部分ではなく、副部材の所。ミスはしているかもしれないが、耐震性はあると思う」と釈明した。
 05年11月に発覚した「姉歯事件」については「当時、人ごとではないと感じた」と言いつつも「違い」を強調。「(計算上で)鉄筋を抜くとか、お金のためだとか、私が言うのも何ですが、それはやってはいけない」と話した。
 他の物件を偽装した動機は答えず、物件名を明らかにしない理由については「行政による調査が進んでいる。その結果が出るまでは詳しいことは答えられない」とした。「それに私の言うことは信用してくれないでしょう」と付け加えた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000014-maip-soci
| 日記

滑走路上にエアカナダ機=日航機、着陸やり直し−管制指示、伝わらず・関空

滑走路上にエアカナダ機=日航機、着陸やり直し−管制指示、伝わらず・関空
時事通信


 関西国際空港で20日夕、出発しようとしていたエアカナダ機(乗客乗員216人)が、管制官の指示に反する形で滑走路に入り、同じ滑走路に着陸しようとしていた日航機(同243人)が、着陸をやり直していたことが21日、分かった。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、一歩間違えば衝突の危険があった重大インシデントに当たるとして、調査官3人を同空港に派遣した。
 国交省によると、トラブルがあったのは、20日午後6時10分ごろ。空港の管制官は、離陸のため誘導路上にいたカナダ・バンクーバー行きエアカナダ36便ボーイング767−300型機に対し、A滑走路の手前で待機するよう指示した。
 これに対し、エアカナダ機は「ポジション 24レフト(A滑走路)」と、日本では通常、管制官とパイロットの交信で使用しない表現で応答。
 管制官はエアカナダ機が待機を了解したものと判断し同機側に確認せず、着陸しようとしていた那覇発の日本航空2576便ボーイング767−300型機に着陸を許可した。着陸体勢にあった日航機から「滑走路付近で動いている航空機がいる」と指摘されたことなどから、滑走路上を確認すると、エアカナダ機が既に滑走路に入っていることが判明。管制官は直ちに日航機に着陸復行(着陸のやり直し)を指示し、衝突は回避された。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000047-jij-soci
| 日記

「お騒がせ男」ゴマキ弟 金属窃盗で逮捕

「お騒がせ男」ゴマキ弟 金属窃盗で逮捕
デイリースポーツ


 「モーニング娘。」元メンバーの後藤真希(22)の弟で、元歌手の後藤祐樹容疑者(21)=東京都江戸川区=が20日、建設工事現場から大量の金属ケーブルを盗んだとして窃盗などの疑いで、警視庁小松川署に逮捕された。容疑を認めている。同容疑者は既に逮捕されている仲間の少年らと窃盗グループをつくって中心になり、メンバーを入れ替えるなどして犯行を続けていたとみられ、同署は売却先や余罪などを調べている。
 調べでは、後藤容疑者は7月15日深夜、仲間の少年A(19)、少年B(18)らとともに東京都江戸川区内にある都営住宅の工事現場に侵入し、電気工事用の銅製の金属ケーブル約80束(約100万円相当)を盗んだ疑い。
 午前2時45分ごろ、目撃者の男性から「男性4人組が工事現場から何かを盗もうとしている」との通報で警察官が現場に直行したため、ケーブルをその場に残して逃走。犯行に使用したと思われるレンタカーのトラックも残されており、電気ケーブルが40束近く積まれていたという。
 レンタカーが少年Aの名義で借りられており、また遺留品も残されていたことから、9月に少年Aを逮捕。10月に少年Bを逮捕した。2人は後藤容疑者が主犯格であることをほのめかす供述をしているという。また転売目的であったことも自供している。
 後藤容疑者は、20日朝に弁護士とともに小松川署に出頭。調べには素直に応じており、犯行は認めているという。
 犯行現場は、10棟近くが並ぶ都営住宅地の最も奥に位置しており、住民の話では「死角になっている、目につきにくい場所」という。同都営住宅では、3、4年前から自転車やバイクが大量に盗まれる事件が頻発していたという。
 後藤容疑者は、2000年に、「ユウキ」の芸名で、歌手のソニン(24)らと「EE JUMP」を結成し、デビュー。01年に仕事を無断で休むなど相次ぐトラブルを引き起こして、謹慎処分を受けた。その後、復帰したが、02年に未成年(当時15歳)ながらキャバクラ遊びをしていたことが発覚し、芸能界を引退、グループも解散した。
 実姉の後藤真希はノーコメントとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000023-dal-ent
| 日記

しょこたん、初コンサートで父への“長い反抗期”は終わり

しょこたん、初コンサートで父への“長い反抗期”は終わり
オリコン

 しょこたんこと中川翔子が20日(土)、自身初のコンサート『貪欲☆まつり』を東京・C.C.Lemonホール(旧・渋谷公会堂)で開催。中川が9歳の頃、急性白血病により32歳の若さでこの世を去った父親でロック歌手の故・中川勝彦さんが、生前にライブを行ったこともある“特別な場所”でパワフルなステージを披露した。


 今回のコンサートを一言で言うと「ギガント貪欲マックステンション!」というしょこたんは、大変だったことを「リハーサルの帰り道で痴漢にあって本当にビックリして、少し気が動転したけど、みんなの励ましのメッセージと、コンサートへの気持ちでいつの間にか忘れて、元気になりました。心配かけてごめんなさい、本当にありがとう」と感謝の気持ちを述べた。

 また感慨深い表情で「お父さんの曲を今回のコンサートでうたったことで、お父さんへの“長い反抗期”が終わった気がして、きっとお母さんも喜んでくれてると思います」としみじみ語った。

 今後の目標は「やっぱり、年末の紅白歌合戦で大好きなコスプレをして、大好きなアニソンを大熱唱したいです」と元気いっぱいに宣言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000000-oric-ent
| 日記

石見銀山遺跡:ぐるりんタクシー、実証実験始まる 需要や採算性探る−−大田 /島根

石見銀山遺跡:ぐるりんタクシー、実証実験始まる 需要や採算性探る−−大田 /島根
毎日新聞


 世界遺産に登録された石見銀山遺跡(大田市)で、銀山から市内の温泉地など周辺観光地を周遊する「ぐるりんタクシー」(乗り合いタクシー)の実証実験が19日、大田市内で始まった。
 国土交通省中国運輸局や県・同市などで構成する石見銀山交通問題検討委員会が、公共交通システムとして11月25日までの毎週金土日(来月2〜11日の間は毎日)、同市内のタクシー会社2社の協力で運行。観光客の需要や設定した料金の採算性を探る。
 2コースあり、石見銀山公園(同市大森町)―JR温泉津駅間は大人片道1000円、往復1800円。同公園―三瓶山間は片道1500円、往復2700円。各コースとも1日3往復し、料金は1回のみ有効。区間中、どこの観光スポットで降車しても料金は同一。小学生以下半額(同伴の6歳未満の幼児は無料)。
 同検討委では、観光客にぐるりんタクシーを広く知ってもらおうと、市内の各旅館や県内の道の駅などにパンフレットを配布。また、東京で県物産を販売するアンテナショップ「にほんばし島根館」やJR広島駅や広島空港などにも用意した。
 初日の19日は計5人が利用。飛行機とJRを乗り継いで来た愛知県日進市の会社員、木戸智子さん(30)は町並み保存地区の代官所跡からぐるりんタクシーに乗り込んだ。「きょうから始まるのを知って、予約しました。ここは電車の本数が少ないし、目的地に直接行けて便利ですね」と温泉津に向かった。
 ぐるりんタクシーは各コースの始発が出る1時間前までに予約が必要。運行時刻などの問い合わせと予約の専用電話は0854・82・3443。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000202-mailo-l32
| 日記

東海道五十三次、ブランド創造へ 京都、大津商議所など10商工団体

東海道五十三次、ブランド創造へ 京都、大津商議所など10商工団体
京都新聞


 京都商工会議所や大津商工会議所など近畿、関東、東海の10商工団体が、江戸時代にできた東海道五十三次の地域資源の発信をめざす「東海道五十三次ブランド調査委員会」をこのほど設立した。地域の歴史や文化などをテーマにしたフォーラムを11月から12月にかけて開くほか、観光ルート提案などの沿道活性化策も展開していく。
 宿場町として発達した東海道五十三次の歴史や文化などを地域ブランドとして生かそうと、京商が呼び掛けた。滋賀県商工会議所連合会や東京商工会議所など10団体が参加して今年9月に調査委が発足した。
 2007年度は中小企業庁の支援事業「地域資源∞全国展開プロジェクト」を活用。フォーラムを11月4日に関宿(三重県亀山市)、同28日に大津宿(大津市)、12月13日に袋井宿(静岡県袋井市)で開く。調査委はまた、各宿場町の歴史や観光資源を調べ、東海道沿いの観光地紹介や共通の商品開発などを検討する。
 大津市のフォーラムは午後2時からコラボしが21で開催。成安造形大の木村至宏学長が「大津繁栄の軌跡」と題して講演するほか、パネル討論もある。無料。問い合わせは事務局の京商会員サービス部TEL075(212)6440へ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000025-kyt-l26
| 日記

スプレー噴射 車50台に落書き 山科

スプレー噴射 車50台に落書き 山科
京都新聞

 20日午前6時ごろ、京都市山科区東野竹田の住民から「スプレーで車に落書きされた」と通報があった。山科署が調べたところ、近くの山階南小周辺で少なくとも50台の車が同様の被害を受けていた。同署は悪質ないたずらとみて、器物損壊事件として調べている。
 同署によると、スプレーは白と黒の2色あり、民家ガレージや路上の車、自動販売機などに帯状に吹き付けられていた。被害範囲は約300メートル四方に及び、徒歩やバイクで移動しながら繰り返したとみられる。
 通報した男性(62)は「いたずらをして喜んでいるのかもしれないが、腹が立つ」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000032-kyt-l26
| 日記

「赤福」の再出荷・再利用、社内では“常識”だった

「赤福」の再出荷・再利用、社内では“常識”だった
読売新聞


 老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)による製造日偽装問題で、売れ残り商品の再出荷や再利用は、社内では“常識”だったことが20日、同社関係者の話で分かった。

 「浜田典保社長も知っていた」と話す社員もおり、経営陣は知らなかったという、18日の記者会見での浜田社長の弁明とは、食い違いも見られた。

 関係者によると、店頭から回収した売れ残り商品の再出荷は、ロスを減らし、売り上げを伸ばすのが目的で、製造現場の社員だけでなく、管理部門の社員も認識していた。

 工場が比較的暇な時期に、作りだめしたり余ったりした商品を冷凍し、繁忙期の年末年始に解凍して売り出す手法について、事務担当の社員は「生産機能が高いわけではなく、需要に追いつけない状態だった」と明かす。そのうえで「長い歴史の中で、客の注文に応えなければならないとの危機感が、会社全体をそういう雰囲気にしていた」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000206-yom-soci
| 日記

守屋前防衛次官 接待ゴルフの詳細判明

守屋前防衛次官 接待ゴルフの詳細判明
産経新聞


 防衛省の守屋武昌・前事務次官(63)が、老舗防衛専門商社「山田洋行」の元専務(69)=昨年6月退社=らからゴルフ接待を受けた際、車で送迎を受けたり、ゴルフ場で偽名を使ったりしていたことが19日、関係者の話で分かった。山田洋行は昨年度までの5年間に装備品の納入で、同省から約170億円分を受注している。自衛隊員倫理規定は、次官を含む隊員が利害関係者とゴルフすることを禁じており、同省は今後、守屋前次官から事情を聴き、事実関係を調べる方針だ。

 守屋前次官は在職中に元専務から長年にわたってゴルフや飲食接待を受けていたことになる。

 関係者によると、守屋前次官は、ゴルフ接待の際、元専務の部下の運転する車で送迎を受けていた。妻と2人でゴルフ接待を受けることもあり、ゴルフ場の受付でプレーヤーの名前を記載する際には、夫婦ともに実名を使わず、偽名が使われていたという。

 こうした接待は、山田洋行のグループ会社が経営する千葉県いすみ市や埼玉県寄居町のゴルフ場で行われていた。回数は計100回以上に上るとみられ、多いときで毎週末、行われることもあったという。元専務は、接待費用を会社の交際費などとして計上していた。

 元専務は産経新聞の取材に複数回応じ、「守屋前次官とはゴルフもやったし、飲食もあった。仕事上、実務を一緒にやってきたから。倫理規定ができてからは回数が減った。前次官が偉くなって(出世して)からは声がかけづらくなった」「7、8年前の話。偉くなってからはやっていない」などと説明。守屋前次官は今年8月30日の退任会見で、「この(次官の)立場で答えるには、きちんとした対応をしたいので答えられない。職権を特定の人のために行使したことはない」と述べていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000961-san-soci
| 日記

<米兵暴行>4人特定 身柄引き渡し要求へ

<米兵暴行>4人特定 身柄引き渡し要求へ
毎日新聞


 広島市中区で、同市内に住むフリーターの未成年女性(19)が米軍岩国基地所属の米兵4人から集団で性的暴行を受けたとして、被害届を出していたことが19日分かった。広島県警は強姦(ごうかん)事件とみて捜査し、既に4人の米兵を特定。警察庁と調整し、容疑が固まり次第、逮捕状を取って、日米地位協定に基づき身柄の引き渡しを米側に求める。4人は岩国基地で身柄を確保されているという。

 調べでは、女性は13日午後11時ごろ、女友達と2人で同市中区銀山町のクラブハウスに出かけた。女性は岩国基地でアルバイトの経験があるといい、客の米兵らと会話を交わしたという。14日未明、女性が1人で外に出た際、米兵2人が店の出入り口前に車を止め、背後から来た別の2人に車内に押し込まれた。約2キロ離れた人気のない場所に移動し、性的暴行を受けたという。

 米軍岩国基地報道部は「現在捜査中で、地元関係機関には全面協力している」とコメント。町村信孝官房長官は記者会見で「事実なら許されざることであるというのは論を待たない」と述べた。

 一方、藤田雄山・広島県知事は全容解明を求める要望書を22日、石破茂防衛相に提出する。秋葉忠利・広島市長も「米軍兵士による平和都市広島で起きた事件に激しい憤りを感じる」とコメントした
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000027-mai-soci
| 日記

判決の日も 監禁皇子、「白いスーツ」に髪なびかせる

判決の日も 監禁皇子、「白いスーツ」に髪なびかせる
産経新聞


 小林(現姓・石島)泰剛被告(26)は、証言台の前で身動きせずに判決主文を聞いていた。
 「白い皇子」と自称していた小林被告は、この日も真っ白なスーツにワインレッドのタートルネックのセーター姿で入廷。被告人席に座ると、首を振って、肩まである髪をなびかせた。
 高橋徹裁判長に証言台の前に出るように促されると、足を肩幅に広げて胸を張り、判決言い渡しの瞬間を待った。
 「主文、被告人を懲役14年に処する」。判決主文が読み上げられた瞬間も、小林被告は微動だにしなかった。
 判決理由の朗読を聞くために被告人席に戻った小林被告は、トートバックに入った裁判資料を机の上に広げ、ほとんど裁判官の方を見ることもなく、資料に目を落としていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000916-san-soci
| 日記

松島町の偽爆弾男、懲役3年6月 人質強要処罰法違反など

松島町の偽爆弾男、懲役3年6月 人質強要処罰法違反など
産経新聞


 宮城県松島町の七十七銀行支店に偽の爆弾を持って侵入、行員を人質に取ったとして、人質強要処罰法違反などの罪に問われた松島町の無職、千坂英二被告(54)に対し、仙台地裁は19日、懲役3年6月(求刑懲役4年6月)の判決を言い渡した。

 宮田祥次裁判官は「恨みを抱いていた知人らを呼び出すため、何の関係もない銀行で人質を取るなど悪質。銀行業務にも多大な支障を与えた」と指摘した。

 判決などによると、千坂被告は8月8日午前、銀行支店に侵入。爆弾に見せ掛けたスプレー缶を粘着テープで支店次長の腹部に巻き付けて人質にし、借金などをめぐりトラブルがあった知人らを呼び出すよう駆け付けた警察官に要求した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000051-san-l04
| 日記

箱根町 職員2人を業務上横領容疑などで告訴

箱根町 職員2人を業務上横領容疑などで告訴
産経新聞


 徴収した税金などを着服していたとして、神奈川県箱根町は19日、同町上下水道温泉課長(58)を業務上横領と詐欺の容疑で、宮城野出張所長(59)を業務上横領の容疑で小田原署に告訴した。

 町によると、上下水道温泉課長は平成17年5月から今年9月の間、同町内の旅館から徴収した固定資産税と入湯税の滞納金計約580万円を着服。通勤手当の不正受給や携帯電話の私的利用などもしていた。

 宮城野出張所長は昨年4月に同所長に就任してから今年9月までの間、自治会連合会などから管理を委託された運営費や出張所の金庫に保管されていた約50人分の町民税など計約640万円を着服していた。

 宮城野出張所長は金を遊興費などに使ったと説明し、上下水道温泉課長は今月12日午後に「体調が悪い」と早退したまま行方が分からなくなっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000022-san-l14
| 日記

松竹とコーエーに施設整備費補助 京都府、「特区」条例を初適用

松竹とコーエーに施設整備費補助 京都府、「特区」条例を初適用
京都新聞


 京都府は、製造業以外の企業誘致を進めるため今年3月に改正した企業立地促進条例を初めて適用し、松竹とゲームソフト大手コーエー(横浜市港北区)の施設整備に補助金を出すことを決めた。松竹京都映画撮影所(京都市右京区)がある太秦地区を中心に映画・映像関連産業の振興を図るとともに、府内各地に「特区」を設け、地域の特色を生かした企業誘致に力を入れる。
 改正前の条例は製造業や関連業種が補助の対象だった。多様な企業が誘致できるように条例を改正し、地域の文化や自然を生かした業種を集めた「特区」を設定することで製造業以外にも補助金を出せるようにした。
 映画・映像関連産業の補助対象地域は右京区のほか、ビジネス街の中京区や下京区、京都大桂キャンパスのある西京区、映画ロケ地になる亀岡市や南丹市。これらの地域で映像制作や映画美術、ゲームソフト開発などを行う企業の施設建設費や設備費などの10%(上限2億円)を補助する。
 松竹は、撮影所を約20億円かけて改修する計画。立命館大映像学部の学生が映画作りを学べる実習施設やカフェレストランなどを新設する。
 「信長の野望」などのゲームソフト開発で知られるコーエーは、国内初のソフト開発拠点として「京都事業所(仮称)」を下京区仏光寺通室町東入ルに来年4月開設する。地上6階建ての自社ビル(延べ約2000平方メートル)を総工費約12億円で建設するという。
 府企業立地推進室の田中裕参事は「映画・映像関係の企業から問い合わせもあり関心は高い。今後も港湾など各地域の特色を生かした特区を設定したい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000005-kyt-l26
| 日記

観光発展へ地元の名所巡る 丹後の行政関係者ら

観光発展へ地元の名所巡る 丹後の行政関係者ら
京都新聞

 京都府宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町の行政関係者でつくる「府丹後半島振興期成会」のメンバーらが19日、地元の名所や観光施設を巡り、観光の発展のため意見を出し合った。
 魅力を一層アピールできるようにと、観光関係者を含め30人が参加。国の重要伝統的建造物群保存地区の「ちりめん街道」(与謝野町)や舟屋の並ぶ伊根湾、琴引浜鳴き砂文化館(京丹後市)などを見て回った。
 宮津市波見の「丹後海と星の見える丘公園」での意見交換では、現在はそれぞれの観光地が分散しており、「連携して観光地としてのネットワークをつくるべき」や「大勢の人が来る観光地より、落ち着けるような場所を目指すべき」などの意見が出された。
 同会は意見をまとめ、来年1月ごろに報告書を作る予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000048-kyt-l26
| 日記

彦根城博物館の入場者20万人突破 築城400年祭開幕から

彦根城博物館の入場者20万人突破 築城400年祭開幕から
京都新聞


 国宝・彦根城築城400年祭にあわせ特別企画展を開催している彦根城博物館(滋賀県彦根市)の入場者数が19日、開幕いらい20万人に達し、記念のセレモニーが行われた。
 同博物館の入場者数はオープンした1987年度の約18万人が最高で、近年は8−9万人で推移していた。今年は3月21日の400年祭の開幕日から、ほぼ1カ月ごとにわずか1日で展示内容を替える特別企画展「百花繚乱(りょうらん)−彦根歴史絵巻」を開催、6月21日に10万人を超えていた。
 20万人目となったのは、横浜市瀬谷区の会社員大山正夫さん(55)と妻久子さん(50)、長女如美(なおみ)さん(22)の家族。3人は午後1時から、着ぐるみ「ひこにゃん」のパフォーマンスを楽しんだあと、獅山向洋市長らとくす玉を割った。
 大山さんは「これで運を使い果たしてしまったかも」と笑い、如美さんは「すごくうれしい。感謝しています」。同博物館の石丸正運館長は「400年祭の閉幕までに23万人に達するのでは」と話していた。
 また、同日午後1時45分ごろ、彦根城の入場者数が400年祭開幕いらい60万人を超えた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000050-kyt-l25
| 日記