スポンサードリンク

NY円、2年5か月ぶりの一時107円台

読売新聞


 【ニューヨーク=山本正実】米感謝祭明け23日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時(日本時間24日午前7時)、前々日比12銭円高・ドル安の1ドル=108円25〜35銭で大方の取引を終えた。

 円相場は朝方に一時、約2年5か月ぶりとなる107円台まで急伸したが、その後は、米株高を背景に円を売ってドルを買い戻す動きが出た。

 対ユーロの円相場は、午後5時(同)、同49銭円高・ユーロ安の1ユーロ=160円61〜71銭で大方の取引を終えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000504-yom-bus_all
| 日記

<ソニー>世界初の有機EL超薄型テレビ発売 厚さ3ミリ

毎日新聞

 ソニーは22日、最も薄い部分の厚さが3ミリの有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビを世界で初めて発売した。「超薄型時代」の幕開けと言え、先行予約は品切れとなった。ただ、現時点で大型化は難しく、主流になるかは未知数だ。一方、他社は有機ELに対抗する形で、超薄型の液晶テレビを12月から相次いで投入し、競争は激しさを増しそうだ。  

 ソニーの有機ELテレビは、電圧をかけると自ら光る発光体を採用した。液晶テレビにあるバックライトが不要で、超薄型を実現した。高精度の映像も売り物だ。価格は20万円だが、まだ月産2000台と生産台数が限られていることもあり、ソニーがインターネットで14日に受け付けた先行予約は1時間あまりで品切れになった。

 ソニーは発売日を12月1日としてきたが、商品を入荷した一部の家電量販店が22日、前倒しで販売を始めた。東京・秋葉原の量販店では大半が予約客向け。ただ、11インチと小型のため、展示品を見た近くの自営業の男性(69)は「映像が美しく、薄いのは魅力的だが、画面がもう少し大きくなってほしい」と話した。

 有機ELテレビは、東芝も09年中の商品化を目指している。

 一方、日立製作所はバックライトの改良などで厚さ3.5センチの液晶テレビを開発、32型を12月中旬に発売する。日本ビクターも厚さ3・7センチの42型液晶テレビを08年夏の北京五輪前に発売予定。超薄型は一般的に5センチを切るサイズとされ、液晶陣営は「小型の有機ELより、液晶の技術を発展させた方が実用性に優れている」などと、液晶の優位性をアピールする構えだ。

 電機各社が超薄型テレビの開発を急ぐ背景には、現行の薄型テレビの価格下落が進み、利益が出にくくなっている状況がある
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000131-mai-bus_all
| 日記

サブプライム問題、国内金融機関の損失総額は2260億円

読売新聞


 金融庁は22日、大手行など国内金融機関が米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」関連の証券化商品をいくら保有し、どれだけの損失を抱えているかを公表した。

 9月末時点の保有額(簿価)は1兆3300億円で、価格低下で1070億円の含み損を抱えている。さらに、今年4〜9月に市場で売却するなどして確定した損失1190億円を合わせると、損失の総額は2260億円となった。欧米と比べて保有額は低いものの、10月以降の市況はさらに悪化しているため、今後、損失が拡大する可能性がある。

 日本の金融当局がサブプライム関連の損失額を公表したのは初めて。

 金融庁は中間決算に合わせ、大手行10行、地方銀行111行、455の信用金庫、信用組合を対象に聞き取り調査を行った。その結果、大手行の保有額が1兆2000億円で全体の大半を占めた。地方銀行は1100億円、信金・信組は200億円を保有していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000214-yom-bus_all
| 日記

足利銀買収、地銀連合が3100億円提示し優位に

読売新聞


 2003年に経営破たんし、一時国有化されている足利銀行(本店・宇都宮市)の受け皿最終候補に残る「地銀連合」が、22日に金融庁へ提出した事業計画の全容が分かった。

 買収金額は総額3100億円で、持ち株会社を設立して足利銀を完全子会社化し、来年4月から営業を開始。3年以内の上場を目指す。持ち株会社の社長には前八十二銀行副頭取の吉沢直亮氏を起用する方針だ。

 関係者によると、同じく最終候補に残っている野村証券系の投資会社を中核とする「野村グループ」が同日提示した買収金額は地銀連合の提示額を下回った模様で、地銀連合が優位に立った。金融庁は年内にも受け皿を最終決定する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000001-yom-bus_all
| 日記

東京外為市場・22日=ドル108円後半、2年半ぶり円高水準から切り返す

ロイター


        ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円
17時現在   108.82/85  1.4845/50  161.55/63
正午現在   108.70/75  1.4865/70  161.62/71
9時現在   108.34/39  1.4854/59  160.97/04
前日東京17時 109.06/11  1.4813/15  161.54/61
前日NY17時 108.41/43  1.4855/59  161.01/10
 [東京 22日 ロイター] 午後5時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から円安が進み、108円後半で取引されている。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題を手掛かりとするドル安とリスク回避の円高の流れは続いているものの、この日の取引では、日経平均株価などアジア株の底堅い動きを背景に、連休を控えて円の売り戻しが強まった。ドル/円は前日海外市場でつけた2年半ぶりの円高水準から1円近い切り返しとなった。
 ドル/円は前日海外市場でつけた2年半ぶり円高水準の108.25円から、東京市場で一時109.18円まで上昇。安値から1円近い円安が進んだ。米株安を受けて前日比マイナス圏で取引されていた日経平均がプラス圏へ切り返したほか、前日に大幅安となった香港やシンガポール株が反発したことから、円が売られた。
 最近の外為市場では、世界的な株高は投資家がリスク志向を高め、円キャリートレードに積極姿勢を示す可能性があるとして、円売り手掛かりとされている。 
 ドル/円では短期筋の買いに加え、連休を控えた輸入企業などの円売りが強まったほか、久々の円高水準とあって、一部国内大手投資家のドル買いも入った。「海外勢の利益確定に伴うドル買いもあった」(外銀)という。
 円は他通貨に対しても弱含みで、ユーロ/円は前日海外の安値160.07円から一時162.25円まで2円超反発。英ポンド/円も222円前半から225円半ばまで3円超の円安となった。

 夕方の取引では、米国の休場や日本の連休を控えて利益確定と見られる円買いが小幅に強まり、ドルは108円後半へ、ユーロは161円前半へ反落した。午前の取引で一時1.4873ドルまで上昇、最高値を更新したユーロ/ドルも1.48ドル前半へ下落した。
 この日の取引では円が売られたものの、市場ではドル安とリスク回避の円高の流れは続いているとの見方が大勢。サブプライム問題がくすぶり続ける中、ドル/円は「明らかに参加者の視線は下(ドル安)向き」(都銀)といい、日中も株価が伸び悩む場面では円が小幅に上昇するなど、株価動向に左右されやすい値動きが続いた。 
 <豪ドルにファンドの処分売り、リスク回避の動き活発化>
 前日からこの日にかけて、豪ドルの下げが目立った。豪ドルはこれまで、金利水準の高さや追加利上げ期待、商品市況の上昇などを手掛かりに買いが強まってきたが、金融市場の混乱が続く中、参加者がリスク回避に向けて手持ちのポジションを縮小しており、「高金利通貨売り/低金利通貨買いが目立っている」(別の外銀)という。売り手は海外ファンドが中心と指摘されている。豪ドルは対米ドルで2カ月ぶり安値に接近。対円もロイターデータで一時93円台に下落し、2カ月半ぶり豪ドル安/円高水準をつけた。
 豪ドルをめぐっては、24日投開票の豪総選挙で、4期11年続く保守政権の劣勢が伝えられ、政局不安が豪ドル安の一因になったとする見方もある。ただ、世論調査でリードする野党の政策が不明確なため、今後の値動きについては「計算できない」(外資系証券)という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000178-reu-bus_all
| 日記

第3四半期の独GDPは内需主導で加速、今後は鈍化との見方

ロイター


 [ベルリン 22日 ロイター] ドイツ連邦統計庁が22日発表した2007年第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、季節調整済みで前期比0.7%となり、14日に発表した速報値と同じだった。内需が力強く伸び、第2・四半期から成長が加速した。ただ、ユーロ高や原油価格高騰により、今後は減速が予想されている。
 デカバンクのエコノミスト、セバスチャン・ワンケ氏は、個人消費が経済を支えているのは良いことだが、経済成長への寄与が大きかったのが在庫の積み上がりだったことは残念な点だと指摘。「景気上向きの動きは今後はっきりと弱まり、これは08年半ばまで続く」との見方を示した。
 第3・四半期のドイツGDPの内訳を見ると、成長に寄与したのは内需で、対外貿易はマイナス方向に影響した。個人消費の寄与度は0.3%ポイントで、在庫はGDPを0.4%ポイント押し上げた。
 原油価格が1バレル=100ドルに迫るなか、ドイツおよびユーロ圏の経済の見通しには陰りが出ている。原油高はユーロ上昇によって部分的に相殺されているが、エコノミストによると、企業はユーロ高による価格競争力への負の影響の方が深刻だと感じている。
 ドイツ財務省は、ドイツ企業の輸出見通しが最近悪化していることについて、ユーロ高が一因となっている可能性があるとの認識を示している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000182-reu-bus_all
| 日記

金下落し3週間ぶり安値、原油は上昇=米商品市場

ロイター

 [シカゴ 19日 ロイター] 19日の米商品市場は、米経済への健全性に対する懸念からリスク回避志向が強まり、金相場が下落、3週間ぶり安値を付けた。ドル安に加え冬場を向かえ供給懸念から原油価格は上昇した。
 銅価格は1ポンド=3ドルを割り込み、7カ月半ぶりの安値を付けた。在庫増と需要低迷が懸念されたほか、米株安が嫌気された。
 原油など19商品の先物相場で構成されるロイター/ジェフリーズCRB指数は0.72%安の346.90。
 ゴールドマン・サックスがシティグループの投資判断を「ニュートラル」から「セル」に引き下げ、今後2四半期で150億ドルの評価損を計上する可能性があると指摘したことも、商品市場のセンチメントを圧迫した。
 ニューヨーク市場の金現物は1オンス=781.30/782.10ドルに下落した。前週末終盤は784.80/785.50ドルだった。
 原油価格は乱高下の末に上昇。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前週末終値比0.80ドル高の1バレル=94.64ドルで取引を終えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000653-reu-int
| 日記

来週の日経平均は下値模索、サブプライム問題に揺れる米国株や為替にらみ

ロイター


 [東京 22日 ロイター] 来週の東京株式市場は、引き続きサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に揺れる米国株式市場や為替など、外部環境をにらみながら下値を探る展開になりそうだ。不透明感の強いなかで先物の商いが膨らんでいるため、荒っぽい値動きが続くと警戒する声が多い。
 来週の日経平均株価の予想レンジは、1万4500円─1万5400円。
 <サブプライム問題による売り圧迫続く、クリスマス商戦に注目>
 市場の最大の注目点はサブプライム問題。視界不良の状態が続いており、米国株に下げ止まり感は乏しい。サブプライム問題はリスク回避のための円キャリー巻き戻しを経由してドル安/円高も誘発しており、日本株には二重の圧迫要因として働く。また、サブプライム問題による米金融機関のコスト負担も見極めがつかず、不安感からの米金融機関株売りが日本の銀行株売りへと連鎖する。
 このため、28日の10月米中古住宅販売や29日の10月米新築1戸建て住宅販売などから不動産市場の動向を探り、サブプライム問題への波及の程度を占うことになりそうだ。
 また、米金融政策をみるうえで、28日の米地区連銀経済報告が注目を集める可能性もある。米連邦準備理事会(FRB)は20日の経済見通しで2008年の成長率予想を1.8─2.5%(中間予想値)に下方修正しており、サブプライム問題を背景に景気認識が厳しくなっていることをうかがわせる。市場では、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けて市場の利下げ期待が高まれば日米株価の下支えになると期待されており「当面は政策動向をにらんで市場とFRBの腹の探りあいが続く」(いちよし証券投資情報部チーフストラテジスト、高橋正信氏)との声が上がっている。
 感謝祭明けの23日からは、注目の米クリスマス商戦がスタート。当初は前年比5%増程度を期待する声もあったが、「サブプライム問題の影響で、見通しは下方修正の方向」(準大手証券)という。ただ「雇用の動向をみれば、消費が大きく落ち込む兆しはない。4%増程度を見込む向きもあるようだ」(三菱UFJ投信運用戦略部長、宮崎高志氏)との声も出ている。
 <先物がかく乱要因、高利回り株などに押し目買いも>

 需給面では、先物がこのところのかく乱要因になっている。日経平均先物12月限の出来高は、日中取引だけでも22日は18万2298枚。20日から連続で18万枚を超えている。「ヘッジファンドが新規に売りたてているようだ」(いちよし証券、高橋氏)、「ヘッジファンドが12月限の解約に備えて現物を売るにあたり、先物でまずヘッジ売りを出しているのではないか」(準大手証券)などの声が上がっている。いずれにしろ、先物が日経平均の値動きを荒っぽいものにしていることは間違いない。
 ただ、ヘッジファンドからの売り圧力は11月末で一巡するとの見方もある。「昨年もヘッジファンドとみられる売りで株価は11月に大きく下げたが、11月末で下げ止まっている。今年も、そろそろ下げ止まるのではないか」(投信)と期待する声が聞かれる。
 一方、株価の下落で配当利回りが上昇している。22日に一時1.4%を割り込んだ長期金利に対して、主力株でも2%を超えるものが増えてきている。「足元は先物に左右される展開が続いているが、配当利回りの観点から買える銘柄が増えてきている。こうした銘柄を個別に選んで押し目買いを入れながら底打ちを探る局面に入りつつあるのではないか」(大和証券SMBCエクイティ・マーケティング部課長代理、西村由美氏)との声が出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000172-reu-bus_all
| 日記

<加ト吉>JTと日清による買収で3社合意、正式発表

毎日新聞

 日本たばこ産業(JT)と日清食品は22日、冷凍食品大手の加ト吉を共同で買収することで、3社が合意したと正式発表した。JTが加ト吉株の51%、日清は49%を取得し、来年4月をめどに2社の冷凍食品事業を加ト吉に移して統合する。

 現在、加ト吉株の5%を保有するJTが28日〜12月26日、株式の公開買い付け(TOB)を実施して全株を取得し、そのうち49%を日清に譲渡する。TOB価格は1株710円で、買収総額は1091億円になる見通し。加ト吉は今回の買収で上場廃止になる。

 3社によると、加ト吉の冷凍食品事業の売上高は昨年度で1960億円と業界トップだが、JTと日清の同事業の売上高を加えると2600億円まで増加する。3社は原料の調達や商品の研究・開発などで協力して同事業の競争力を高めるほか、海外市場での事業拡大を目指す方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000036-mai-bus_all
| 日記

本音は21年度増税 消費税、政治状況を考慮 財革研報告

産経新聞


 自民党の財政改革研究会(財革研)は21日に取りまとめた中間報告で、平成27年ごろに消費税率を10%程度にする必要性を示したが、21年度の基礎年金国庫負担増の財源を確保するため、早期の1%以上の税率引き上げが“本音”だ。参院の与野党逆転などの政治状況を考慮し、実現が不透明なことから明記を見送った。来年度の消費税増税は不可能な情勢だが、21年度税制改正に向けて増税を模索する動きが強まりそうだ。

 財革研の園田博之座長は21日の会見で21年度の増税について問われ、「その方が望ましいが、党税制調査会その他で議論してもらわなくてはならない」と本心をのぞかせた。

 基礎年金国庫負担引き上げに必要な財源は2兆5000億円で、消費税1%分に相当。当初は来年度改正で増税を決め、間に合わせるシナリオが有力視されていたが、与党の参院選大敗で軌道修正された。

 中間報告には、増税に向けて国民の理解を得るための提言も盛り込まれた。「国民にすべて還元する」と社会保障財源化を明確にし、税の名称を変えることも示した。

 一方で、補助金改革などで15兆円の財源を捻出(ねんしゅつ)できるとする民主党のマニフェスト(政権公約)を「根拠がなく、『埋蔵金伝説』のたぐい」と批判。増税は避けられるとする民主が参院で多数を握る政治状況を打開したい思いもにじませた。

 自民党税調は26日に総会を開き、来年度税制改正に向けた議論を本格化させる。財革研の取りまとめをたたき台に、消費税増税にどこまで踏み込むかが注目される
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000080-san-bus_all
| 日記

「炎上」情報共有サイト 運営会社が真っ先に「炎上」

J-CASTニュース


 ブログやホームページに誹謗中傷などのコメントが殺到して「大荒れ」になる「炎上」現象。この「炎上」情報を共有するサイトとしてオープンした「炎ジョイ」のサーバーが停止されたことが分かった。サイトの運営会社スパイダーネットワークスによれば、「炎上をどうすれば防げるのか」を企図して開設したというが、どう見ても「炎上」を煽るような内容だけに、ネット上では大きな批判や怒りも生みだし、自分のサイトが真っ先に「炎上」してしまうという皮肉な結果となった。

■「無責任に炎上助長すんな」といったカキコミ

 スパイダーネットワークスは2007年11月20日、「炎上」の情報を共有するサイト「炎ジョイ」(β版)を開設した。「炎上」した状態のブログやホームページをブックマークして共有できるほか、共有した「炎上サイト」にレイヤー(画像を重ねて表示するもの)を貼って、そのレイヤー上にニワンゴが運営する動画共有サイト「ニコニコ動画」風にコメントを書き込めるというもの。

 「炎ジョイ」には、

  「炎上サイトの上にレイヤーを張って、コッソリ罵声!シャイなあなたも楽しめる!」

  「飽き足りなかったら直接爆撃」

  「レイヤー上で暴れて欲求不満や切なくなったら、勝手に直接爆撃に移行可能」

 という説明文が掲げられ、「炎上」を扇動しかねない内容になっている。開設後には、実際に個人ブログなども「さらし者」にされるなどしたため、「いじめじゃないか」「最低なサイトだな」といった批判の声が上がり始めた。そして、真っ先に「炎上」したのは、ほかならぬ「炎ジョイ」に設置された掲示板とこのサイトの開発者ブログだった。

 掲示板には、2007年11月22日夕方までに合計1000件以上、開発者ブログには500件以上の書き込みが寄せられ、そのほとんどは、「自分のところが炎上してどうすんだよ」「いじめ助長サイトと言っても過言ではないですよ」「無責任に炎上助長すんな」といった批判や罵詈雑言だった。

 運営会社スパイダーネットワークスは、11月22日午後1時半頃に同サイトのサーバーを停止。「炎上ブログ」の登録や閲覧ができなくなった。


 同社の田浦隆也社長はJ-CASTニュースの取材に対し、ユーザーの殺到やサーバーへの攻撃などにより、「サーバーが重くなり、管理画面による運営が事実上できなくなった」と話す。しかし、そもそも「炎上」を扇動するかのようなサイトを開設した意図は何なのか。返ってきた答えは意外なものだった。

  「レイヤーを使うことで、『炎上』が好きな人の『ガス抜き』になり、(当のブログの)『炎上』が止められるのではないかということで『炎ジョイ』を企画しました」

■トップページで謝罪文を掲載

 田浦社長によれば、「炎上」という現象が起こる際に、本当に悪意や憎悪の感情を持って書き込んでいる人は実は少なく、単に騒ぎに便乗してネガティブなコメントを書き込む人の方が多いのではないかという仮説をたて、「炎ジョイ」を企画。「炎ジョイ」(β版)で実験的に「炎上」の実態を掴み、個人ブログなど問題のある登録については削除するつもりだったという。しかし、実験的な試みを前面に打ち出しても「炎上が好きな人」は集まらないということで、「炎上」現象を扇動するような内容で「炎ジョイ」を開設したらしい。当初はユーザーの数もそれほど多くないと踏んで、サーバーも1台しか対応していなかった。

 それが、「炎上」を助長するようなサイトとして話題になり、複数のメディアも取り上げたことからユーザー数も急増。2007年11月21日午後4時〜22日午前11時までの19時間で、約90万ページビューを記録、ユニークユーザー数も約14万人に上った。実際、「炎ジョイ」のレイヤーで書き込んでいる人のうち、実際に当のブログやホームページに書き込む人はわずか2%。レイヤーへの書き込みが「ガス抜き」になることが実証されたというわけだ。

 しかし、想定外のユーザー数の急増で個人サイトの登録の削除作業が追いつかず、サーバーが重くなって管理もままならなくなって、同社はサーバー停止に追い込まれた。

  「想定以上のユーザーに見られてしまい、あらぬ誤解を与えてしまったことは申し訳ないと思っています。一般サイトが登録されてしまったことについても大変申し訳なく思っています」

 田浦社長はこの様に謝罪する。すでに「炎上ジョイ」(β版)に謝罪文を掲載。近くサーバーを増強したうえ削除機能も強化した「炎ジョイ」(α版)が開設され、そのトップページでも謝罪文を掲載するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000003-jct-sci
| 日記

KDDI データ通信、定額制プラン 月6000円、来月末導入

産経新聞


 パソコン向けの無線データ通信サービスをめぐり、KDDI(au)が月額6000円程度で定額制の新料金プランを準備していることが20日、わかった。12月末導入の見通し。データ受信が最大毎秒3・1メガビットと高速で、全国で利用できるのが特徴だ。携帯でデータ通信の利用を定額制にすると、動画閲覧など大量のデータを送受信して通信の混雑が懸念されるが、KDDIは回線の込み具合を端末側で判断し、通信速度を制御する新技術を開発。音声通話を邪魔せず多くの顧客のデータ通信に対応できる。

 定額制プランは、導入と同時に発売する京セラ製の新たなカード型データ通信専用端末に適用する。どれだけ使っても料金が一定のため、光ファイバーやADSL(非対称デジタル加入者線)と同様に、回線を長時間つないだままの利用が可能だ。また、車や電車で移動中も途切れにくい。

 携帯のデータ通信は、通信量に応じて料金が増える従量課金が中心で利用が伸びなかった。KDDIの現行プランは、月1500〜1万1800円の基本使用料と従量の通信料が必要。だが、PHSのウィルコムがデータ定額制を導入して利用者を拡大。今年3月に新規参入したイー・モバイルは月額5980円で導入、携帯のデータ定額制に先鞭(せんべん)をつけた。

 ただウィルコムは通信速度が毎秒最大0・4メガビット程度と、携帯よりも遅い。イー・モバイルはサービスの提供エリアが大都市圏にとどまる。さらにNTTドコモも10月、料金が4200〜1万500円となる2段階定額制のプランを導入したが料金が高額になる上、接続先に制限がある。

 こうしたなか、KDDIは低額、高速、広域で利用できる点を強調。新端末を個人向け商品として、auショップや家電量販店で積極的に販売していく方針。価格は1万円前後になるとみられる。

                   ◇

【用語解説】無線データ通信

 文字、写真、動画などのデータを無線で送受信するもの。iモードなど携帯電話のネット接続が代表的。パソコンなどでは高速化と低料金化が必要で、毎秒2〜3メガビットで受信範囲の広い携帯の安価な定額制が待たれていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000059-san-bus_all
| 日記

ニンテンドーDSがワンセグ対応。「DSテレビ」を試す

Impress Watch

 ニンテンドーDS/DS Lite用のワンセグチューナ「DSテレビ(NTR-016)」が20日より発売された。同社直販サイトのみでの販売となっているが、11月8日の予約開始時には、予約が殺到し、注文サーバーにアクセスできなくなるほどの人気を集めた。

 10月25日の任天堂決算発表資料によれば、DS/DS Liteをあわせた全世界での累計販売台数は5,364万台、日本国内だけでも1,971万台。携帯電話以外では、もっとも普及しているモバイル端末といえるDSで、ゲームだけでなくワンセグ受信までしてしまおうというのが、今回発売された「DSテレビ」だ。

 折しも競合プラットフォームの「PSP(プレイステーション・ポータブル)」が、9月に発売した新型「PSP-2000」で、ワンセグチューナに対応。PSP用ワンセグチューナの価格も6,980円とDSテレビとほぼ同じだ。PSPが、テレビCMで積極的に「大画面ワンセグ」をPRしていただけに、「ゲーム機でワンセグ」の土壌も整いつつある。DSテレビの実力を試してみよう。

■ 少々大きめのDSテレビ本体

 パッケージには、ワンセグテレビ本体のほか、専用のカバーのほか、外部アンテナが同梱されている。

 DSテレビの外形寸法は、45.3×16.5×110.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は40g。本体部は中央から折り畳み可能となっており、上部には伸縮式の2本のロッドアンテナを収納、下部はDS/DS LiteのDS用カードスロット用の接続部となっている。ニンテンドーDS Liteと組み合わせて利用した場合の重量は258g。

 DSのカードスロットに差し込むだけで装着完了。取り外す際は、右脇のロック解除ボタンを押しながら引っ張るだけというシンプルなもの。このボタンの傍らに、外部アンテナ用の接続端子を備えている。

 アンテナ部は、DS本体に対して垂直位置に設置できるほか、DSの背面にぴったり合わせるなど、最大270度の可動域を有している。また、ロッドアンテナは、2段階に収縮可能で、左右に最大90度ずつ倒すことができる。これを各45度開いた形となる「縦V字ポジション」が任天堂の推奨利用環境となる。


 装着時の重量バランスは、通常のDS利用時とはさほど変わない。正面から見てもアンテナが見える程度なので、視聴者側からの違和感は少ない。ただし、背面や側面から見るとDS本体に対して、かなり大きくはみ出しているので、デザイン的には少々野暮ったい。また、アンテナを真横に倒すと、DS本体からかなりはみ出してしまうので、電車内での利用では、隣の人に迷惑をかけないよう注意が必要だ。

■ 2画面を生かした操作体系

 DS Liteに接続して電源を入れると、接続確認画面が出た後に、DS Liteの下の画面にチャンネル設定画面が現れる。DSテレビの各種設定、操作については、この下のタッチパネル液晶を用いるようになっている。チャンネル設定は、エリア選択方式のほか、全局スキャン(オールサーチ)の2方式が用意されている。

 チャンネル設定が終わると、下の液晶に登録されたチャンネルが表示される。各チャンネルボタンを押すと、チャンネルが切り替わる。切り替え時間は4〜6秒。決して速くないが、切換え中にアニメーションを表示するなどの工夫を行なっており、体感的にはさほど待たされる印象はない。

 また、チャンネル設定の[オリジナルセット]に6つまでのチャンネル情報を登録可能となっている。旅行/出張先などのセットをあらかじめ作っておけば、ここで切り替えるだけで、その地域でワンセグ放送を視聴可能となる。

 チャンネル表示の右脇に、字幕のON/OFF切換えと、番組情報表示、電波計(チューナ感度確認)、各種設定呼び出しなどのボタンを用意している。

 表示画面は横位置だけでなく、縦位置表示も選択できる。表示向きの切り替えは、DSのSELECTボタンを利用する。また、アスペクトモードはSTARTボタンを利用し、16:9、4:3の切り替えが可能となっている。

 番組表(EPG)機能は備えていないが、チャンネル表示脇の[i]のボタンで視聴中のチャンネルの番組情報を確認できる。同画面で、次に放送予定の番組も表示される。また、電波計では、受信状態をアナログメーター風の画面で確認できる。

 チャンネルリスト右脇の各種設定ボタンを押すと、チャンネル、映像、音質、デザインの各設定画面へのショートカットが表示される。映像設定では表示枠や表示の拡大/標準切換え、画面輝度設定が選択できる。字幕表示はできるが、データ放送や番組表表示には対応しない。また、録画機能も備えていない。

 画質は、[標準]でも、色ノリが強く、コントラストをかなり強調した絵作りになっている。[あざやか]、[おだやか]の各画質モードも用意されているが、特にあざやかだと、青空のグラデーションなどで際に等高線上の階調の乱れが出やすくなる。

 一番バランスがいいのは、[標準]だが、ちょっと色が強すぎると感じたら[おだやか]に変更するといいだろう。また、輝度は十分に高いので、電車内などでも問題なく番組視聴が可能だった。

■ 受信感度は十分だが、モバイル利用に課題も

 感度はまずまず。東京千代田区のビル内の編集部では、ほとんどのチャンネルが映ったが、電波の弱い東京MXテレビは、外部アンテナを利用してもほとんど受信できなかった。調布市の自宅でも、主要チャンネルはほぼすべて受信でき、固定テレビとして使う分にはほとんど問題がなかった。外部アンテナを利用して利用すれば、時折生じていた画像の乱れも無くなり、セカンドテレビ的に利用できる。

 調布市の自宅から京王線に乗り、笹塚まで移動してみたが、ロッドアンテナをきちんと伸ばさないと受信が安定しない。アンテナを伸ばすと、ほぼすべてのチャンネルが受信可能となったが、時折音声や映像が途切れることがある。特に、対向車両通過時や、駅停車時に途切れがちだ。

 主に、推奨環境の横位置/V字型でテストしたが、着席時、立っている時、など、利用状況によってかなり受信状況が変化する。アンテナを調節すると、途切れていた映像が見られるようなこともあるが、やはり数分に1回は途切れてしまう。番組の内容を理解するにはほとんど問題ないのだが、それでも、もう一歩受信性能を強化してほしいと感じた。

 ただし、電車利用時に最も気になったのは感度ではない。DSテレビ自体が大きく、特に背面や側面から見るとかなり奇抜なデザインなので、目立ちやすい。電車内でDSをプレイする人は珍しくないとはいえ、飛び出したアンテナ部は気になるようで、「あの人のDSなんか……」的な視線が気になる。また、アンテナがかなり伸びるため、特に立って利用する場合は、隣の人の邪魔にならないようにしたい。立って利用する場合は、縦位置で利用するのも有効だ。

 さらに、かなりDSから出っ張ってしまうので、利用しない時は、DS本体から外して、DSテレビ専用カバーを取り付けて収納するのが最適だ。「少々大きめのDSテレビをどうモバイル環境で扱うか」と考えると、うまくチューナを本体をデザインマッチさせているPSPや、そもそもチューナを内蔵している携帯電話と比べると、見劣りしている。主要な用途が、通勤用テレビの場合は、他の選択肢も考慮しておきたい。

 なお、テレビ視聴中にDS本体のふたを閉じると、「聞くテレビモード」に切り替わり、映像出力を切り、音声だけを聞くことができる。ラジオ替わりに利用でき、バッテリ駆動時間も向上するので、ニュースなどを流し聞きする時には重宝しそうだ。

 バッテリ駆動時間は、ニンテンドーDS Lite利用時で、約5時間(最低輝度)/4時間30分(低輝度)/4時間(高輝度)/3時間30分(最高輝度)。実際にDS Lite/標準モードで、明るさ[中]で視聴したところ、約5時間弱で視聴停止した。

■ DSらしい、ユニークな付加機能

 DSテレビの特徴的な機能としては、タッチスクリーンを使ったインターフェイスだけでなく、「enjoyツール集」という名称の各種ツールがあげられる。[読むTV]、[メモ]、[TVの旅]、[ツボTV]、[TVやん]、[G&W]の各機能が用意されている。

 読むTVは、テレビの字幕部を一時記憶しておき、それを後で確認できるという機能だ。たとえば、相撲中継やNHKの連続ドラマなどでは、ほとんど字幕が入っているので、あとから見ても内容を確認できるし、ニュースも字幕だけで内容を知ることができる。数分に1回は番組の1画面のサムネイルが保存されるため、番組の雰囲気も感じられる。なかなかユニークな機能だ。

 保存可能な字幕情報は約30分。ただし、DSの電源をOFFにすると字幕情報も消去されてしまう。

 メモは、その名のとおりタッチスクリーンを使って書いた手書きメモを保存する機能。上部のボタンで表示中のワンセグ画面を静止できるため、止めた画面の電話番号などをメモするなどの活用も可能だ。

 TVの旅は、チャンネル設定した地域の情報をDSテレビに格納しておき、旅の履歴として確認できるというものだ。DSを常に持ち歩く、という人にとっては自分の行動範囲の備忘録としても使えるわけで、なかなか面白い提案だ。[G&W]は、ゲームウオッチのゲームをプレイできるというもので、[Fire]というゲームがプリインストールされている。

 ツボTVは、疲れ目や、眠気などの症状に合わせて、効くツボを表示してくれる。効果のほどは、ひとそれぞれだろうが、話のタネにはちょうどいい。TVやんは、「テレビを仲間と一緒に見る」という機能。DSの無線機能を使って皆で会話するという意味かと思ったら、白黒のキャラクターが、[このテレビ見たかった」とか、「おはよう」とか、下の画面で言葉を交わすだけ。正直あまり使い道は感じなかった。

■ DSならではのワンセグの楽しさ

 録画や番組表などは備えていないが、“テレビをライブ視聴する”というシンプルな機能を、DSらしい楽しい操作方法で実現している。これがDSテレビの最大の魅力と言える。価格も6,800円とリーズナブルだ。

 ただし、本体がやや大きいため、毎日通勤/通学電車で楽しむ、という使い方であれば、携帯電話やPSPのほうが手軽。モバイル利用時の、取り回しや収納方法などは工夫が必要だ。もっとも、全ての機能をDSにまとめたいという人にとっては、魅力的な製品となるだろう。

 利用シーンとしては、たとえば、リビングのテレビは家族が見るので、セカンドテレビとしてDSを活用する。あるいは、ライブで見たいスポーツを外出先で楽しみたい、といったニーズには、きっちりと答えてくれる。特に外部アンテナを利用することで、受信感度は大幅に向上するので、「卓上テレビ」的に自宅や外出先などに設置するなど、さまざまな応用が想定される。

 据え置きにするのであれば、録画機能も欲しいところだが、いろいろ要求していくと、他のワンセグ端末とさほど変わらなくなってしまう。あくまで、DSというプラットフォームがあり、その上でリーズナブルに、如何にしてDSならではのワンセグ体験を実現できるのか、ということを考えた製品といえるだろう。

  無理な小型化を目指すのではなく、パソコンや携帯電話とは一風異なる新しいワンセグ環境を実現したという点で、DSテレビはユニークな製品に仕上がっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000045-imp-sci
| 日記

typoの恐怖、タイポスクワッティングの現実が明らかに

ITmediaエンタープライズ


 マカフィーは11月20日、タイポスクワッティングに焦点を当てた研究報告書を発表した。タイポスクワッティングは、有名なWebサイトのドメイン名に酷似したドメインを取得し、タイプミスをしたユーザーを誘導し、GoogleのAdSenseのような自動広告サービスなどの手段で何らかの利益を得ようとする行為。

 最近のタイポスクワッティングの一例としては、「iPhone」がらみのものが挙げられる。今年末までに「iPhone」という言葉が含まれるドメインは8000件を超えると予想されているが、ほとんどのサイトはアップルとは無関係であり(Appleの取得が確認されているのはiphone.com)、かつ、タイポスクワッティングを意図したものであると見られている。

 その一例がFreeappleiphonesnow.comである。iPhoneや、実際には存在しないiPhone “shuffle”や“nano”などを無料で提供するとうたうが、実際にはスパムメールを送りつけてくるサイトだ。

 マカフィーは今回、最も一般的なドメイン名2771件を変形した約190万件のサイトについて調査。そのうち、12万7381件がタイポスクワッティングされたサイトと思われるものであることなどを確認し、以下のような傾向を導き出している。

・今回調査した起こり得るタイプミスのうち7.2%が、実際に不正占有されているサイトにつながっていた。つまり、ユーザーは14回に1回の割合でタイポスクワッティングされたサイトを訪れることになる

・不正占有されている上位5つのカテゴリは、ゲームサイト、航空会社、主要メディア会社サイト、アダルトサイト、テクノロジーおよびWeb2.0関連サイト

・子ども向けサイトはタイポスクワッターのターゲットになりやすい

・ユーザーが集まるところにスクワッターも集まる。全体的に、B2Bサイトやニッチサイトより、一般ユーザーが集中する人気Webサイトの方がスクワッターに好まれる

 新しいトップレベルドメインの登場や自動登録ツールの登場、不法占拠したサイトから簡単にクリック報酬を得られるパーキングポータルサイトの増加などにより、タイポスクワッティングは今後も増加すると見られ、マカフィーでは注意を呼びかけている。

 なお、同調査ではMcAfee.comについて、そのバリエーションがタイポスクワッティングされていないか調査しており、74件(割合にして14.6%)がタイポスクワッティングされていたことを明らかにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000047-zdn_ep-sci
| 日記

【COTY】イヤーカーはホンダ フィット

レスポンス

21日、有明コロシアムで第29回2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤーの投開票がおこなわれ、大賞はホンダ『フィット』が受賞した。輸入車の総得点第1位に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーはメルセデスベンツ『Cクラス』。 
フィットは各選考委員からまんべんなく点を得、合計374点を獲得。2位のCクラス(299点)に大差を付けた。COTY受賞は旧モデルに続き2度目となる。3位以下はスバル『インプレッサ』、日産『スカイライン』が続いた。

主催は日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000014-rps-soci
| 日記

日経平均1万5千円割れで大引け、1年4か月ぶり

読売新聞


 21日の東京株式市場は、為替相場が一時、1ドル=108円台まで急騰したことなどを背景に売りが強まり、日経平均株価(225種)は大幅反落した。

 日経平均の終値は、前日比373円86銭安の1万4837円66銭。日経平均の終値が1万5000円を割ったのは、2006年7月以来、1年4か月ぶりだ。日経平均は一時、前日終値比400円以上値下がりした。

 東証株価指数(TOPIX)は同30・55ポイント低い1438・72だった。第1部の出来高は約21億7200万株。

 午後の取引時間中にアジア各国の株式相場が軒並み下落したことも、下落に拍車をかけた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000011-yom-bus_all
| 日記

『恋空』大ヒットでガッキーが3000キロの日本縦断!!

オリコン


 女優の新垣結衣が18日(日)、主演映画『恋空』の入場者数160万人突破を記念し、1日で福岡、札幌、東京で舞台挨拶をする異例の『1日列島縦断キャンペーン』行った。計3000キロを完走した新垣は「皆さん、本当に元気に迎え入れてくれました!」と瞳を輝かせた。


 この日、最後の舞台挨拶となった東京・池袋の映画館に新垣が登場するや、超満員の客席からは大声援が送られた。新垣は「5分前に着きました。(160万人突破は)実感が沸かないけど、自分たちが作品に込めた想いが伝わって嬉しい」と感謝の気持ちを語った。

 福岡、札幌でも舞台挨拶を行い、日本縦断を果たした新垣。「札幌は3時間しか滞在できなかったんですけど、カニを頂きました。福岡ではモツ鍋と明太子を食べて、とても美味しかった」とニッコリ。最後にはファンと一緒に記念撮影を行った新垣。「本当に感謝の気持ちで一杯です! 『恋空』を観て、大切な人を、もっと大切に思って頂ければ嬉しいです」と嬉しそうに語っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000000-oric-ent
| 日記

「背景に旭鷲山関との金銭問題」=組幹部供述、1人逮捕−大島親方宅トラック突入

時事通信


 日本相撲協会理事の大島親方宅にトラックが突っ込んだ事件で、建造物損壊容疑などで逮捕された指定暴力団住吉会系組幹部大川芳文容疑者(46)が警視庁組織犯罪対策4課の調べに対し、「(所属していた組と)元小結旭鷲山関との金銭トラブルが背景にあった」と供述していることが19日、分かった。
 組対4課は同日、同容疑などで埼玉県上尾市上、同組組員内田勉容疑者(44)を逮捕。容疑を認めており、同課は事件の解明を進めている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000095-jij-soci
| 日記

<軟禁容疑>15歳少女を2カ月…35歳逮捕 神奈川

毎日新聞


 15歳の少女を約2カ月にわたって自宅マンションに住まわせ、みだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課と神奈川署は19日、横浜市金沢区六浦南2、派遣社員、古田肇也(もとなり)容疑者(35)を児童福祉法違反(有害支配)容疑で逮捕した。

 調べでは、古田容疑者は7月6日〜9月2日、同市神奈川区の無職少女(15)を自宅マンションに住まわせ、「逃げるなよ」などと脅したうえ、みだらな行為をした疑い。容疑を一部否認しているという。古田容疑者は派遣先の倉庫会社で少女と知り合い、家出したことを聞いて自宅に泊め始めた。少女は9月2日にマンションから自宅へ逃げ帰り、神奈川署に被害届を出した。「逃げたら親まで脅されると思い逃げられなかった」と話しているという
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000173-mai-soci
| 日記

<KOTOKO>人気マンガ「異国迷路のクロワーゼ」イメージ曲提供 掲載誌の付録CD

毎日新聞

 音楽創作集団「I've」所属の歌手・KOTOKOさんが、マンガ誌「ドラゴンエイジピュア」(富士見書房)連載の「異国迷路のクロワーゼ」に、イメージ曲「La clef(ラ・クエ) 迷宮の鍵」を提供し、12月20日発売予定の同誌の付録としてCDが付けられることが明らかになった。

 「異国迷路のクロワーゼ」は、武田日向さんが、19世紀後半の日本文化ブームが起こったパリを舞台に、単身渡仏して下町の鉄工芸店で働く日本人少女・湯音と店主クロードらとの触れ合いを描いた作品。

 KOTOKOさんは、テレビアニメ「灼眼のシャナ」のオープニング曲「being」で初登場4位を記録、最新シングル「七転八起☆至上主義!」(アニメ「ハヤテのごとく!」オープニング曲)も初登場8位という人気歌手。12月9日に同作のコミックス1巻が発売されるのを記念して、イメージソングを提供することになり、実際にKOTOKOさんが作品を読んで作詞も担当した。KOTOKOさんは「湯音ちゃんになった気持ちで詞を書きましたし、なるべくおしとやかに歌ってみました。異国と日本の出会いと、心を通わそうとする強い思いを歌で感じてもらえたら」と語っている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000017-maiall-ent
| 日記